プラセンタの副作用で肌荒れすることがある?

プラセンタ注射は肌トラブルを解消したり、肌の若さを保つために、皮膚科や美容系のクリニックでも積極的に治療に取り入れられています。
プラセンタによる大きな副作用は、未だ報告されていませんので、肌荒れが気になっている方は試してみてはいかがでしょうか。

プラセンタの副作用で肌荒れが起きたしまった場合でも、繰り返し使用することで、症状が改善される可能性があります。
週に二回ほど2アンプルずつのサイクルで接種することをおすすめします。
身体が慣れるまでは、一時的な肌荒れを起こす場合もありますが、多くの症例でプラセンタ注射を打つと肌の調子がよくなるといった口コミが報告されています。

特に、アトピー性皮膚炎の炎症を抑える効果には注目が集まっており、これは、免疫機能を改善させたり、新陳代謝を良くする働きによるものと考えられています。
プラセンタ注射の副作用で肌荒れが起きてしまった方は、サプリメントや化粧品を試すことをおすすめします。
サプリメントでしたら注射より効果が穏やかですし、副作用の心配も少ないと考えられます。

又、プラセンタを含んだ化粧品も美肌の為に人気があり、美白効果や保湿効果が期待できるとして、通販などで人気を集めています。

1illust

プラセンタでアレルギーが治る?副作用はあるの?

健康増進や肌の若返り、アレルギーの治療の為にプラセンタが人気です。
プラセンタは哺乳類の胎盤が原料であり、医療機関でも使用される医薬品です。
注射を接種することで得られる効果は高く、更年期障害の症状やアトピー性皮膚炎、リュウマチなどの緩和や、肝機能障害、生理不順や生理痛の改善などがその一例として挙げられます。

副作用については、これまでに重篤なアレルギー症状などは報告されておらず、むしろアレルギーを改善する効果の高さがクローズアップされています。
プラセンタを点滴や注射で受けた場合の感染症の症例も報告はありませんが、血液製剤扱いになるため、プラセンタ注射をした場合は、献血ができないことになっています。
これはプラセンタに副作用があるという意味ではなく、安全に万全を期すための措置で、現在でも内科や美容外科、美容皮膚科や外科などで多くの患者が注射を受けています。

副作用が気になる方は、注射よりもサプリメントのほうが効果が穏やかですので、まずはサプリメントから試してみると良いでしょう。

2illust

プラセンタを体内に取り入れると下痢の副作用がある?

美容成分として近年注目されているのが、プラセンタです。
プラセンタには成長因子や抗酸化作用のある成分が含まれています。
成長因子は肌組織の修復に寄与し、ハリのある若い肌を保つことができます。

また、プラセンタの抗酸化作用はビタミンEやビタミンCよりも活性酸素を抑制する効果があるためアンチエイジングにも期待ができます。
このように高い美容効果が期待されるプラセンタですが、副作用の一つに下痢の症状が出ることがあります。
人の排便は、大腸の蠕動運動によりコントロールされています。

さらにその蠕動運動は自律神経によってコントロールされ、自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスによって活動します。
蠕動運動が活発になる状態は副交感神経が優位になっている状態の時です。
プラセンタには、自律神経を調整する作用があり、その結果、副交感神経が活性化され、蠕動運動が活発になります。
すると、下痢の症状を引き起こしてまうことになります。

しかし、副交感神経の活性化はリラックス効果に繋がるので必ずしも悪いこととは言えません。
副作用と言うと大袈裟なようですが、プラセンタが及ぼす影響として覚えておくと良いでしょう。

3illust

プラセンタの副作用でむくみが出る?

むくみ解消に効果があるといわれているプラセンタですが、反対に副作用として、むくみがひどくなったという声も聞かれます。

そもそもむくみとは、血液中の水分が溜まったり、リンパの流れが滞ったりすることで、細胞のすき間に血しょうがたまってしまうことにより生じます。
体内の水分は、重力の影響を受けるため、下半身にたまりやすくなり、そのため、足やふくらはぎがむくみやすくなります。
プラセンタには、代謝を改善し、血液の流れをスムーズにする働きがあります。
この働きにより、老廃物を排出する効果が得られ、むくみの解消に役立ちます。

しかし、プラセンタを摂取することでむくんでしまい、副作用なのかと感じた場合には、女性ホルモンが影響していることが考えられます。
女性ホルモンの分泌が促進されると、血管が拡張しやすくなりむくみにつながります。
血管が拡張されると、血液の流れが良くなるので、むくみが解消されると思いがちですが、毛細血管に存在する酸素や栄養分を運び出すための小さな出入口のようなものに、圧力がかかり、毛細血管から水分が押し出され、むくむ原因となってしまうのです。
また、慢性的にむくむようであれば病気の可能性もあるので注意が必要です。

4illust

乳がんリスクが高まる?

プラセンタの副作用で乳がんのリスクが高まるのではないかという意見がありますが、現在のところ、そういった症例は報告されていません。

プラセンタは、ホルモンバランスを整える作用がありますので、婦人科系疾患の治療に使われることがありますが、ホルモン剤ではありません。
それ故、低用量ピルのように乳がんのリスクが高まるといった報告はありません。
乳がんは家系による罹患率の上昇などもありますし、ホルモン剤を飲むとリスクが高まることがわかっていますので、プラセンタの副作用とは関係なしに、そのようなリスクがある方は定期的な検診が推奨されています。

プラセンタには、重篤な副作用は現在のところ報告されておらず、むしろプラセンタ注射を受けるメリットがたくさんあるため、多くの医療機関で積極的に治療に使われています。
更年期障害や生理不順、PMSなど女性ホルモンに関する体調不良には特に効果が認められており、不快な症状を改善させることが出来ることがわかっています。
副作用が気になる方には、サプリメントが人気です。
サプリメントは医療機関で販売されているものもありますので、信頼できる商品をお探しの方におすすめです。

5illust

プラセンタにまつわること

プラセンタの副作用についてだいぶ詳しく説明していきました。
ですが、色々なことに対して効果的でもあります。
プラセンタとセットで話題に上ることがあるレスベラトロールという成分があるのですが、レスベラトロールに特化したサイトがありましたので、紹介しておきます。